Driving Shoes
5bc431555496ff127a000af0 5bc431555496ff127a000af0

Driving Shoes

213,840 JPY

About shipping cost

  • Size 3 (22㎝)

    Last 1

  • Size 3.5 (22.5㎝)

    Last 1

  • Size 4 (23㎝)

    Last 1

  • Size 4.5 (23.5㎝)

    Last 1

  • Size 5 (24㎝)

    Last 1

  • Size 5.5 (24.5㎝)

    Last 1

  • Size 6 (25㎝)

    Last 1

  • Size 6.5 (25.5㎝)

    Last 1

  • Size 7 (26㎝)

    Last 1

  • Size 7.5 (26.5㎝)

    Last 1

  • Size 8 (27㎝)

    Last 1

  • Size 8.5 (27.5㎝)

    Last 1

  • Size 9 (28㎝)

    Last 1

  • Size 9.5 (28.5㎝)

    Last 1

  • Size 10 (29㎝)

    Last 1

通常、Driving Shoesというと、ぺったんこのスリッポンにイボイボのゴムが出ているのを 思い浮かべるだろう。それでは、外履きとしての機能面は格段に下がる。 本底の強度、歩行面を考えての作りでなく、あくまでも家履きの延長と伺える。 それでは、多様化するビジネスシーンやカジュアルシーンにおいて少々足りないと感じた。 あくまで、"靴”と名のつくものは、歩行を第一に考えるのが筋である。靴としての 機能を十分に果たし、車の運転も快適に果たす、これがこの靴の一つ目の役目である。 この役目を全うするために欠かせないことがある。それは、靴のインソール(中底)を厚く、革の繊維のつまったベンズを使用することである。 靴は歩行時に、全体重が片方の足に集約される。そのため、やわらかな革を用いいると、必要以上に足の形に沈んでしまい、結果多くの余分が生まれ靴の中で足が泳いでしまう。 もう一つ、柔らかい中底はフニュフニャして歩行時に安定しないということもある。 これを解消すべく今回は、BESPOKEで使用する3.5m/m厚のベンズを使用している。 これで、歩行時の違和感や沈みすぎることもない。 もう一つ欠かせないことは、アッパーの釣り込み作業である。通常、このようなカジュアル靴では、機械釣りが一般的である。メリットは、作業効率が良い。しかし、どうしても逆Rになるバンプ部分が木型にそぐわない。ましてや今回のような特殊な革と木型だと余計に。 だから今回は、よりフィッティングの精度を向上するため手作業による釣り込みに変更した。 結果、木型への密着度もあがりより高いフィッティングが可能に! Galuchatは革のDiamondと称されるほどに妖艶な輝きを放っていることである。古来より身分の高い殿様などに愛されてきたのも納得いく。日本人にも昔から馴染み深く、鎧の装飾、刀の持ち手、山葵おろしなんかにも使われてきている。 Galuchatの表面はリン酸カルシウム(人の歯)を主成分としており、非常に強度が高く、水にも強い。メンテナンスも容易であるから、靴のつま先や踵にはもってこいの素材である。 アクセルやブレーキを踏む際も傷が付くことを気にしないで済みます。 ボディーの鹿革は、革のカシミヤと呼ばれるように繊維がとても柔らかく馴染みやすい。 ふわっと足を包み込む柔らかさは、この上ない履き心地を体感してもらえるでしょう。 サイズ展開も22cm〜29cmのハーフ刻み 女性も可能 納期:約6ヶ月〜 (注文状況により変動) 木型:チゼルトゥ *完全受注生産につき、キャンセル、返品、返金不可。 お問い合わせはこちらまで。 mail : order@eitaoguri.com tel : 075-706-8875